1. TOP
  2. 軽自動車
  3. 【速報】2016年上半期 軽自動車人気ランキング

【速報】2016年上半期 軽自動車人気ランキング

 2016/08/03 軽自動車
この記事は約 8 分で読めます。 3,133 Views
top10 (1)

在、日本で最も人気で車の販売台数が
多く伸びているのは軽自動車だといいます。

また日本全体の自動車保有数割合として、
乗用車が49%、軽自動車が39%
なのだそうです。

全体の半分は軽自動車以上の排気量の乗用車で
残りの約4割は軽自動車なのですね。

今現在、乗用車がの売れ行きが伸び悩み
軽自動車の売れ行きが伸びているということは、

・魅力的な軽自動車が増えたため、買い換えた
・新たに2台目を購入する

ということでしょうか。

 

ここからは、なぜそこまで軽自動車が人気なのか、
売れるヒミツはなんなのかと、後半では
軽自動車人気ランキング2016上半期(1月〜6月)を
ご紹介していきます。

軽自動車が人気のその理由は

軽自動車が人気の理由

現代はなぜ、こんなにも
軽自動車人気なのでしょうか?

いろんな視点から分析してみますと
様々なことが分かってきました。

まず、現代人のライフスタイルの
変化が大きいようです。

現代人のライフスタイルとして、

・日常の買い物や子供の送り迎え意外は
 あまり外出しない
・核家族化により1世帯あたりの人数が少ない
・そもそも、そんなに遠出をしない

のです。

車にそんなには乗らないけど、
ないけど困るというニーズです。

ということは、
別に大きい車は要らないよね、軽自動車で十分じゃん
ってことになるのでしょう。

 

特に女性には圧倒的に軽自動が人気

女性は男性に比べて運転が上手くない
苦手だという人が少なくありません。

女性の車の日常的な
使用用途としては、

・通勤

・買い物

・子供の送り迎え

などが主のようです。

ということで、小さくて取り回しのし易い
軽自動車が女性には人気のようです。

 

税金が安い

ランニングコストが安いというのも
軽自動車が人気である大きな人気のひとつです。

軽自動車の自動車税は2015年4月1日より
7200円→10800円に増税されましたが、
それでもまだ乗用車に比べればかなり割安感が高いです。

ちなみに乗用車の自動車税の場合
総排気量が1000cc以下でも29,500円、

もしも総排気量4500cc超6000cc以下だとすると
自動車税だけで88,000円もします。

 

車の価格がお手頃

軽自動車は装備やオプションなどにこだわらず
デザインや便利機能抜きでただ安くて
走ればいいという感じでしたら、
新車でも80万円前後から手に入れることができます。

 

基本的に燃費が良い

軽自動車は排気量の小ささと
ボディの小ささ、軽さから、
そもそも普通乗用車に比べ
燃費が良いです。

軽自動車なら、
ハイブリッドカーでなくとも
リッター30キロを
走る車も珍しくありません。

 

小さいので扱いやすい

軽自動車はボディそのものが小さいので
車幅感覚がつかみやすく、狭い道でも曲がりやすく
車庫入れもしやすく、扱いやすいです。

またアクセルを踏んでも
そこまでスピードが出ないため
怖くありません。

そんなところも女性に人気の
ヒミツかもしれないですね。

 

デザイン性が格段に向上した

一昔前の軽自動車は、

単に広いだけ、
単に燃費がいいだけ、

で、デザインや質感は酷いものでした。

当時の軽自動車は、
まだ単なる乗り物で道具だったのです。

なので、当時は軽自動車に乗ると
恥ずかしいとか情けないみたいな、
どちらかといえば悪感情があったのかもしれません。

しかし、時代は変わり
最近の軽自動車は違います。

昔に比べ、デザイン性や質感が格段に向上し
軽自動車に乗ることが「アリ」というように
変化してきました。

・可愛い車
・カッコイイ車
・個性的な車
・便利な車

様々なニーズにあったデザインの
軽自動車も発売されるようになりました。

高くて変えないから仕方なく
軽自動車を選ぶのではなく
様々な選択肢がある中、あえて
軽自動車を選ぶようになってきたのです。

 

などなど、

どうでしょうか?

良い物をより安く買いたいという
顧客の心理にバッチリはまった軽自動車。

そんななかで着実に売上を伸ばしている
色んな面でコスパが高く魅力的な
軽自動車人気も頷けますよね。

 

それを踏まえた上で、
2016年度の上半期、軽自動車人気ランキングをご紹介していきましょう。

 

軽自動車2016年上半期(1~6月)人気ランキング

2016年の上半期は
どんな軽自動車が売れたのでしょうか?

ここからはランキング形式で、
その特徴とビジュアルを交えてご紹介していきましょう。

(ランキング数値参考:全国軽自動車協会連合会)

 

第10位.ダイハツ:ミラ

ダイハツミラ

最小回転半径4.2m

トパーズネオエンジン:燃費24.2㎞/L

トール系の軽自動車が苦手な方に人気

運転が比較的容易な車で、ちょい乗りや買い物などに向いている

コンパクトなので駐車もしやすい

上質さを追求したミライース、
可愛さを追求したミラココアも大人気

スタンダードモデルのミラも商用車用や
安価でMT車を楽しみたいユーザー、
雪道での利用としても人気がある

 

第9位.ダイハツ:ムーブ

ダイハツムーブ

ターボなら大人四人乗りでも問題ないエンジン性能

ターボ付きは、かなりスポーティな印象で
パワーボタンのレスポンスの良さが好評

トールタイプでベンチシート好きならオススメ

ボディ剛性もあり足回りもしっかりしている

最小回転半径4.4m

カタログ燃費 30km/L(10・15モード)

実質平均燃費:15.23km/L

 

 

第8位.スズキ:スペーシア

スズキ スペーシア

名前のとおり、とにかく広い室内

同社パレットの実質後継車に当たる

32.0km/Lという低燃費(軽ハイトワゴンでは№1の低燃費)

Sエネチャージでさらに燃費が向上

2013-14年に「スモールモビリティ部門賞」を受賞

「レーダーブレーキサポート」
「デュアルカメラブレーキサポート」など安全面も充実

縦列駐車や狭い道など見えない場所をサポートする
「全方位モニター」も搭載

エアコンにはパナソニックのナノイーが搭載

なんとシートヒーターも標準装備

 

第7位.スズキ:ワゴンR

スズキワゴンR

33.0km/Lという低燃費(軽ワゴンではトップレベルの低燃費)

ボクシーでワイドで上質感を上げたスタイル(やや男性向け)

軽のハイトワゴンの原点、そして定番と呼ばれるだけあり、
安いながらも必要装備や便利機能は十分

軽自動車として不動の安定感

 

第6位.スズキ:ハスラー

スズキ ハスラー

ポップで目を引く個性的なデザイン

32.0km/Lという低燃費(軽ワゴンではトップレベルの低燃費)

テーマは「遊べる軽」この車だけで何でもできること、
またひとつ軽の可能性を広めてくれた楽しい車

丸っこく、可愛く、カッコイイ、車というより
いつも一緒にいたい相棒と呼ぶのにふさわしい車

ボディーに合わせ、室内もポップで気分が上がる!

カップルや少家族が十分アウトドアで遊ぶという
想定でパッケージ化。汚れてもすぐに拭き取れる設計は便利

ちょっと釣り、ちょっとキャンプ、
ちょっとバーベキューみたいなシーンに合いそう

海も山も川も夏も冬も完全カバーした
豊富なオプション類に驚き!
車が遊び方を提案してくれる。
本当にこの車なら年中遊べる

 

 

第5位.ホンダ:N-WGN

軽もここまで進化した、
新・安全性性能評価で最高の5つ星獲得

軽は危ないという時代は終了し、
これからは軽でも安心という時代へシフト

軽にありがちな安っぽさも皆無、
むしろ至る所に上質さが漂う

燃費もなかなか29.4km/L

背の高い男性でも足が伸ばせるほど。
後部座席の奥行きの広さは軽ワゴントップレベル

ベビーカーを積みながら、更に荷物も
ガンガン積めるなどママに優しい

 

第4位.日産:デイズ

日産デイズ

日産の全てをつぎ込んだ軽として
日産の最新技術を余すことなく搭載した
「技術の日産」のプライドを掛けた自信作

燃費は軽としては控えめな25.8km/L

今まで高級車にしか付いてこなかった
夜間のハイビームアシストを軽自動車で初採用

空から見下ろすような映像をルームミラーの
モニターで確認できるアラウンドビューモニター
搭載で車庫入れの不安がなくなる

全車への衝突を未然に防ぐ、エマージェンシーブレーキと
踏み間違い衝突防止アシストを標準装備

スポーティーからフレンドリー、クラシカルまで
幅広いユーザーの趣向をカバーした仕様ラインナップを用意

 

 

第3位.スズキ:アルト

スズキアルト

現代を象徴するコンパクトで
魅力的なミニマルフォルム

今までありそうでなかった
2トーンバックドアも個性的

必要な物しか付いていないが
むしろそれが潔く心地よいデザインに

37.0km/Lという超低燃費
(軽自動車ではトップレベルの低燃費)

 

第2位.ダイハツ:タント

ダイハツタント

障害物のない後部座席への乗り降りが
快適過ぎるミラクルオープンドア方式

長い荷物、大きな荷物でも楽々出し入れ可能

女性ウケする落ち着いて使いやすい室内デザイン

28.0km/Lという低燃費(軽ワゴンではまずまずの低燃費)

危険を予め回避してくれる機能
スマートアシストⅡ搭載により
予防安全性能評価の最高ランクを獲得

 

 

第1位.ホンダ:N-BOX

ホンダN-BOX

燃費は軽としては控えめ25.6km/L

室内長さは218cmと軽自動車最大級

室内高さも140cmと、
軽自動車とは思えないゆとりの広さ

軽なのに目線がミニバンと同じ高さで
圧倒的に運転しやすい

前席も後部席も、ゆとりを持って乗れる

はね上げられるリアシートで
A型ベビーカーも折り畳まずに載せられる

360度UVガラスカットガラス採用

エアコンもプラズマクラスターに対応していたりと
乗る人のことを徹底的に考えた作りになっている

日常使う分には全く問題のない走りの良さ

マザーズセレクション大賞2014受賞
2015年軽販売台数№1

 

まとめ

2015年に引き続き、ホンダN-BOXが
2016年上半期の軽自動車人気ランキング1位に輝きました。

デザインはもちろんのこと、使い勝手としても
主婦の厳しい目線からも評価されているので
良い車であることが分かります。

また、昔は高級車にしか付いてこなかった機能が
今では軽自動車にも当たり前に付いていることから
昔の軽自動車は危険とか、乗り心地が悪いというような
ネガティブなイメージが払拭されています。

また世界的流れからしても、エコカーブーム、
ダウンサイジング、低排気量がブームに
なってきていることから、それも軽自動車が
再注目されて売り上げが好調な理由かもしれません。

これからも進化し続ける軽自動車から目が離せませんね。

個人的にはナンバープレートのデザインが
黄色から、もう少し洗練されたものに変われば
さらに売上が伸びるのではと思っています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

車査定、買取の達人の注目記事を受け取ろう

top10 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車査定、買取の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

車査定、買取の達人 編集部

車査定、買取の達人 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【おおおっ!】かっこいい軽自動車まとめ厳選17選

  • 日産の軽自動車、あの燃費偽装問題の真相とその後の行方は?

  • 【なぜ?】スバルが軽自動車から完全撤退してた!その裏事情とは

  • ホンダの軽自動車一覧、人気、燃費のよい車はどれ?

関連記事

  • 【軽すごっ!】2016年最新軽自動車燃費ランキング

  • 日産の軽自動車、あの燃費偽装問題の真相とその後の行方は?

  • 【なぜ?】スバルが軽自動車から完全撤退してた!その裏事情とは

  • 【おおおっ!】かっこいい軽自動車まとめ厳選17選

  • 【2016年最新】軽自動車の中古のおすすめ人気トップ10!!

  • 【え?意外!】トヨタも軽自動車出してたって知ってた?